期間工とは

期間工の年齢は50代でも応募可!30代後半~50代でも採用されるアピール方法

投稿日:

期間工をしたいけど「採用基準に年齢制限がないだろうか・・・。」と応募するかしないか迷っていませんか?

トヨタ、デンソーなど大手は待遇面が期待できる一方、何歳まで採用してるか気になることでしょう。

とくに30代後半、40代~50代になると更に気になると思います。

期間工の採用に関わっていた者として暴露すると、実は年齢制限はあるのですが、自動車メーカーの生産需要によって年齢条件は変動することが多いのです。

また入社経路によっては、年齢が高くても入社することは可能です。

逆にタイミングやジャンル、アピールポイントを間違うと、なかなか採用されない可能性が十分にあります。

しっかりと時期を見計らい、自身の経歴や強みをアピールするようにしなければいけません。

採用担当者も生産量を増やしたいので、まじめに働いてくれる人であれば採用したいのが本音です。

ポイントをしっかりおさえて、希望する期間工の会社に就職できるにしましょう。

期間工の年齢制限の一覧を知りたい

期間工の年齢制限についてはあってないようなものです。

理由としては生産が追い付かないくらい忙しいときは、40歳程度までであれば採用されるからです。

「現場が人を入れろ」

「人事は何をしている」

と怒っている状態を想像してみて下さい。

面接に人が来ているのに落としてしまったら現場から叩かれます。

それくらい生産需要と密接に期間工の年齢制限は変わります。

また自動車メーカーは年齢制限を実施していても公表をすることはしません

理由としては、法律で年齢によって採用の可否を決めることが禁止されているためです。

現実的な年齢制限のゾーンをここでは紹介いたします

現実的にはオール定時(工場の現場作業の従業員が全員定時で上がる状態)と繁忙期、人手不足時では採用年齢の基準が変わってきます。

オール定時の時期に年齢制限が緩むことはまずありません。
(※オール定時とは:工場の現場作業の従業員が全員定時で上がる状態)

逆に繁忙期はザルのような年齢基準になってきます。

企業 年齢制限(オール定時) 備考(人手不足のとき)
トヨタ自動車 35歳 40歳
スバル 35歳 40歳
デンソー 35歳 40歳
ホンダ 40歳 50歳
日産 35歳 40歳
日本ガイシ 40歳 50歳
ダイハツ 40歳 50歳
マツダ 35歳 40歳
いすゞ 35歳 40歳
アイシンAW 40歳 50歳
富士重工 40歳 50歳
スズキ 35歳 50歳
日野自動車 35歳 40歳 
豊田自動織機 29歳 35歳
トヨタ紡織 29歳 35歳

期間工未経験者なら45歳が限度!

期間工の経験がある場合は50歳でも採用される可能性が高いですが、現実問題として45歳を超えれば体力的な問題や健康上の問題で不採用になる期間工が増えます

期間工の経験があれば体力的な問題はないと考えられますし、期間工の仕事内容は慣れていればすぐ覚えてしまえる仕事内容が多いです。

未経験者で45歳以上は厳しいと言わざるを得ません。

体力的にハードな期間工は年齢制限がある!

期間工は体力的にハードな仕事です。

他の電子部品メーカーなどであればハンダゴテをずーっと操って細かい部品を組み付けるだけという作業もありますが、自動車は巨大です。

あれだけ巨大な鉄の塊を完成させようと考えれば、必然的に体力が要求されます。

立ちっぱなしだけでも疲れるという人も年齢が上がると増えてきますが、立ちっぱなしどころかラインの稼働状況によっては人が走り回っているのが期間工の仕事です。

品物は重たい、おまけにラインの稼働スピードが自動車メーカー以外では考えられないほど速いので、どうしても体力が必要になってきます。

コラム:自動車の期間工の年齢制限で35才が多い理由

基本的に期間工の仕事は、体力勝負です。

35歳を超えてくるとその途端に体力がなくなってしまう人もいますし、持病を持つ人も増えてきます。

また現場の意見としても「製造は体力が全てだ!」と言い切る管理職も多いため、どうしても35歳を超えた期間工の採用は難しくなります。

但し、先述した通り、繁忙期になれば現場もそんなことは言っていられません

「誰でもいいから連れてこい」と意見が全く変わります。

年齢が高かろうが、人さえいれば問題ないと考えるので、生産状況によって年齢制限は大きく変動するとしか言いようがありません。

ちなみに自動車産業の繁忙期は12月と2月、3月です。

理由としては12月には「新年は新車で迎えたい」というユーザーに対応するために増産体制に入ることと、2月3月は田舎では成人祝いや大学の入学祝いに車を購入するユーザーが増えるためです。

この時期を狙えばまず年齢制限が厳しいということはないでしょう。

コラム:女の期間工にも年齢制限は「ある」

女性の期間工も男性の期間工同様に年齢制限はあります。

それは「老眼になっていないか」どうかです。

実際のところ女性の期間工は「検査工程」に入る為、基準は明確です。

検査工程では製品に傷がないか、搬入ロット数に間違いがないか、異種品混合がないかなどをチェックします。

この工程では、目さえ良ければ良いのです。

女性の場合は体力の問題ではなく視力の問題で不採用になっていると考えた方が良いです。

40代期間工の戦略は「繁忙期を狙う」

40代の期間工志望者に関しては、繁忙期を狙うようにして下さい。

理由としては繁忙期は先述した通り、基本的に採用しやすいためです。

人事としては40代でも人柄が良ければ採用したいと考えていますが、現場の意向もあり中々、繁忙期以外に高齢者を採用する気にはなりません。

書類選考のチェックポイントとしては、40歳でも体力、視力ともに健全であるというアピールをしておいてください。

面接時に高齢の期間工を雇う際に必ず

  • 「想像を超えた重労働ですが可能ですか?」
  • 「残業時間が長くなってもついていく自信はありますか」

という質問がきます。

この場合、出来るだけ「イエス」で答えるようにして下さい。

面接時に体力と視力に不安がある人を採用することは難しいです。

期間工以外のおススメの就職先としては、現在ではメーカーでも契約社員を無期社員という新たな雇用形態で迎えている会社も多いため、無期契約社員制度を前提とした雇用をしている会社の求人を探すようにして下さい。

40代を超えるとそこそこ稼げる会社で正社員としての雇用を受けるのは難しいので、同じ工場現場の仕事でも契約期間が5年を超えれば65歳まで雇用してくれるような会社を探してみて下さい。

無期契約社員は給料などは正社員と同じにはならない可能性が高いですが、65歳まで雇ってもらえる部分にメリットがあります。

また、40代であれば体力も50代よりはありますので、残業代がしっかり出る工場で働けるように努力してください。

50代期間工の戦略は「活かせる経験をアピール」

50代の期間工の戦略としては工場勤務の経験があれば最大限にアピールするようにして下さい。

期間工自体の経験はなくともどこか別の工場で現場仕事をしていたことがあれば、結び付けて期間工でも同じように仕事が出来る事をアピールしてください。

50歳を超えると面接時に絶対に聞かれる質問があります。

「定年まで前の会社になぜいなかったのか」

と聞かれるケースです。

50歳にもなって定年のゴールを前になぜ辞めたのか、何か健康上の理由で退職したのかも知れないと面接官は不安になります

答え方としては

「身体も元気なので、早期退職をしたあとに思い切り身体を動かす仕事がしたかった」

のように前向きに答えるようにして下さい。

また50歳になってから期間工以外に転職する先としては警備関係の会社は50歳でも正社員として雇用してくれる可能性が高いので、そちらを狙うようにしてみて下さい。

おすすめはDODAです。

警備会社の案件が豊富で強いです。

50歳になっても働けるのはブルーカラーの求人が多いですが、ブルーカラーの求人の中でも期間工の仕事は一番キツイ仕事の部類に入ります。

期間工で採用されなかった場合には、警備会社で正社員として雇用して貰える会社に入社するなど体力が比較的必要ではない仕事を狙って転職してみる事が良いです。

みんなどうしてる?30代から検討したい期間工の転職先

30代以降の期間工の方たちの行動パターンで一番多いのは、他の会社の期間工にタイミングよく転職するパターンです。

期間満了はだいたい1ヶ月前に伝えられるため、そのあたりから少しずつ有給休暇を活用して転職活動をしている方もいらっしゃいます。

失業保険を活用して上手に次の仕事を探す方もいますが、ほとんどの方は仕事をしていないと暇で仕方ないという理由でまた他の工場に転職していきます

起業の資金が溜まったから辞めるという方も多いです。

期間工は短期間で200万円以上のお金を貯めることが可能なので、起業資金を貯められたからお店を構えている方も多くいらっしゃいます。

飲食店を開業している方が多い印象です。

職業訓練で旋盤加工を学ぶのもおすすめ!

失業保険の給付を利用して、職業訓練校で旋盤加工を学ぶ期間工の方も多いです。

次点で人気なのが電気工事士の資格を取得できる職業訓練校です。

座学の時間よりも実習時間が長いコースが手に職系の職業訓練校なので、じっと机に座っているのが性に合わないというタイプの方に人気なようです。

正社員登用の年齢は「29歳」。年齢の壁はある

期間工の正社員登用試験は原則として20代に限定されています。

非正規雇用の正社員転換に関していえば、自動車メーカーだけでなく、実は他の会社でもそうです。

将来のキャリア形成のためという理由で年齢制限をすること自体は違法ではありません。

日本の大企業は勤続年数による昇給を行うという賃金体系を採用しているため、逆に29歳以上の年齢で採用しても社内の賃金バランスが崩れてしまうこともあり、なかなか30代以降は正社員登用に積極的になれないというのが実情です。

また、どうしても会社のトップの考え方が「若いやつにはチャンスを与えて、成長する機会を与えないといけない」という考え方なので、正社員登用は若者ばかりになってしまいます。

正社員登用試験の年齢制限に関して言い訳をさせて頂ければ、年齢で差別しているというよりも、日本企業独特の年齢による賃金制度がネックになって若者以外の正社員登用に積極的になれないという事情があります。

確かに会社側の内向きの論理ではあるのですが、どうしようもないものです。

何十年と続けられてきた賃金制度を変えることは非常に難しいと言わざるを得ません。

まとめ

期間工の年齢制限については流動的で、オール定時の暇な時期と繁忙期で大きな差が出ます。

繁忙期は毎年12月、2月、3月なのでこの時期を狙って期間工の求人を受ければ比較的合格しやすいと言えます。

40代は採用される余地がありますが、50歳を超えて転職をしようと考えた場合には、工場現場で働いていたというような体力があるというアピールが必須になってきます。

30代以降の期間工の方たちのその後については、飲食店を開業されていたり、他の工場に転職したり、失業保険を活用して職業訓練校に通って勉強したりとバラエティに富んでいます。

正社員登用試験の年齢制限についてはほとんどの自動車メーカーが29歳までを上限としています。

会社の制度上どうしようもない問題でもあり、年齢的な差別ではなく賃金制度によって年齢制限が定められている部分が大きいです。

ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工日記へ

-期間工とは

Copyright© 進撃の期間工 , 2018 All Rights Reserved.