期間工とは

初めてでも期間工の履歴書がスラスラ書ける!採用担当者が教える書き方マニュアル

更新日:

履歴書を書こうとしたものの「そもそも書き方ってこれであってるのだろうか・・。」と悩み、履歴書を書けずにいませんか?

特に志望動機は悩みどころです。

「どうかけばいいの?通る書き方を教えて」と悩む人が大半です。

実際、「受かる履歴の書き方」は存在します。

筆者は大手自動車メーカーの期間工の採用を担当し、年間に1,000枚以上の履歴書をみてきました。

これだけ書類選考をすると、「受かる志望動機の書き方」「落ちる履歴のパターン」は存在するのが分かってきました。

本来、採用だったにも関わらず不合格となる可能性も十分にあり得ます。

今回は、これまでの書類選考・面接を経験して培った期間工ならではの履歴書の書き方・注意点を公開します。

この記事では、次のように通る履歴書の書き方を紹介していきます。

・シビアにチェックされるポイントはどこか?

・落ちる履歴書のパターン

・通りやすい履歴書の書き方

・理想な志望動機の例文

この記事で紹介する書き方や注意点をマスターすれば、スラスラと履歴書が書けて書類選考がぐっと通りやすくなるでしょう。

必勝パターンの例文も紹介しますので、最後まで読み一発で合格をつかみ取ってください。

目次で流し読み

履歴書で伝えるべき3個のポイント

履歴書で伝えるべきポイントは3つあります。

履歴書で大切なのは「これまで自分がしてきた仕事と自分自身の人柄を明確に面接官に伝える」ことです。

面接官が書類選考を行う際、履歴書を通してその人の人物を事前に知りたいという想いがありますので、特に履歴書の書き方には気を付けてください。

ポイント1:西暦、和暦は統一して記載する。

履歴書を見ていて一番気になるのは生年月日は和暦で記載しているのに、職歴は西暦で記入していたりすることです。

西暦、和暦はどちらかに統一するようにして下さい。

書類の作成の仕方一つとっても、この人は書類を見る側に立っているなと気遣いを感じることが出来ます。

人事の社員は基本的に西暦を和暦にするなどは頭の中で即座に出来ることが多いですが、慣れていない現場の人が面接官を勤めていたりすると「これ何年から何年まで前の会社に勤めていたのかな?」と理解するまでに時間がかかることがあります。

ポイント2:アピールポイントが伝わってこない

履歴書には志望動機欄や自己PR欄が設けてあることが多いですが、空白が多いとそれだけでやる気を疑われてしまいます。

もしも志望動機欄や自己PR欄が多めに設けてあるようなタイプの履歴書を選んでしまったら、空白は出来るだけ埋めるようにして下さい。

空白が多いだけでやる気がないように面接官には見えます。

履歴書は一生懸命書いたように見えるようにして下さい。

ポイント3:職歴を省略しすぎない

職歴書を省略し過ぎないように注意してください。

特に職を4回以上変わっている期間工の方は多いため、市販の履歴書に無理矢理詰め込んで全てを書こうとするとどうしても職歴を省略してしまわないといけない事態になりがちです。

職歴を1回程度省略するのであれば問題ありませんが、それ以上は面接官に不信感を与えてしまいかねません。

省略するのではなく別紙に記載するなどして、出来るだけ過去の職歴を少なく見せないようにして下さい。

理由としては経歴詐称になってしまいかねないためです。

面接官は出来るだけ期間工を雇用する際、期間工に転職したいと考えている志望者の過去を知りたいという気持ちがあります。

期間工の志望者には様々なバックグラウンドを持った転職希望者も多く、採用するにあたって面接官の心の中は不安感でいっぱいです。

「こんなに長い期間の空白があってもしかして刑務所に入っていたのかな?」

「もしかして、うつ病に罹っていたのかな」

「こんなに短期間で転職を繰り返しているなんて何か問題行動を起こしたのかな?」

とこういう不安感で面接官は胸がいっぱいです。

出来るだけ面接官の不安感を取り除けるようにしてあげてください。

履歴書不要の期間工は「ない」

履歴書が不要な期間工の求人はありません。

理由としては期間工を含めて履歴書で過去の職歴や年齢などを知ることが面接では大前提となっているためです。

仮に履歴書の不要を謳っている企業があったとしても、入社してから履歴書の提出を求められたりと結局2度手間になっているところが多いです。

履歴書に記載する情報は社会保険の資格取得や雇用保険手続きに必要な情報がたくさん入っているため、提出させない会社があったとしても2度手間になるだけです。

嘘はバレる?詐称がバレた事例を紹介!

面接時についた嘘がバれたケースをご紹介いたします。

期間工として面接に来た際、健康状態を自己申告してもらう書類を面接前に提出してもらう形式を採用していた時期がありましたが、自己申告せずにうつ病に罹患していた過去を隠して面接を受けられた期間工の方がいらっしゃいました。

入社して半年後、1回目の契約更新を行った後に体調不良で欠勤をし始めて、2週間会社に来れない状況となり、期間工の部屋に行ってみると健康保険証と従業員用のタイムカードが部屋に放置されており、音信不通となってしまいました。

緊急連絡先にあったご家族に連絡を取ってみたところ、何度か過去にうつ病で会社を解雇された方であることが判明しました。

人事では従業員が失踪した可能性が高いと言っても警察には捜索願を出せないため、ご家族に失踪願の提出をお願いしたところ、ようやく連絡がつき、会社を無断欠勤したことでの懲戒解雇にするのではなく自主退職扱いで会社を辞めてもらいました。

このように病歴に嘘をついて入社しても結局は悪い印象が残ったり、健康上の問題で仕事を続けることが困難になってしまい嘘が発覚するケースもあります。

また職歴の詐称は高い確率でバれます。

特に名古屋などはトヨタ関連の会社がひしめいていますが、過去に何らかのトラブルを起こして会社を退職していたり、物凄く評判の悪い人物であればどこからか情報は流れてくるものです。

同じ関連会社に勤務していて、そこでトラブルを起こした過去があれば経歴詐称していてもバレることがあります。

合否に影響!採用担当者がチェックする最重要な3個のポイント

採用担当者がチェックする最重要な項目は3つあります。

特に履歴書で気になるのは職歴が多い年配者の方の場合には離職理由、期間工をするにあたってなぜわざわざ正規雇用を選ばずに期間工の仕事を選んだのか等です。

ポイント1:年齢

履歴書で一番最初に採用担当者が気にするのは年齢です。

年齢だけはどうしても変更することのできない項目なのでこれは最重要視する項目です。

年齢欄に嘘をつくのは避けるようにして下さい。

雇用保険の加入手続きの際、生年月日は一番最初に確認できるため、一発で判明します。

ポイント2:職歴

職歴については、書き方にコツがあります。

長く勤めていた会社については詳細を記入して、短い期間で辞めてしまった会社については簡潔に書くようにします。

こうすることで短い職歴については採用担当者は詳細を知ることが出来ないため、採用のボーダーラインにいる場合に人事は面接で質問をしようと考えるためです。

また短い期間で何度も仕事を辞めているという印象を軽くすることが出来ます。

長く勤められた会社で得た経験や期間工の仕事に活かせるような経験がある場合には、漏れなく記載するようにして下さい。

ポイント3:志望動機欄

志望動機欄については空白が少ないように出来るだけ埋めるようにするという意識を持ちつつ、しっかりとなぜ期間工をしたいのかを書き込むようにして下さい。

とにかく空白を作らないように中身を書き込むことが大切です。

落ちやすい履歴書ランキング

落ちやすい履歴書には特徴があります。

まず読み手のことを考えていない履歴書は落とされやすいです。

人事担当者は何千枚という履歴書を見て採用活動を行っています。

特に期間工を採用しているような大企業では、人事担当者は期間工の履歴書だけでなく正社員採用の人材も同時に処理しています。

タイミングにもよりますが正社員採用候補者と期間工採用候補者の履歴書を見比べてみると特に列挙させて頂く3点について異常に違いがあるので注意して記載するようにしてみて下さい。

1位:誤字脱字が多い

履歴書の誤字脱字には注意してください。

特に履歴書に関しては誤字脱字があるとそれだけで履歴書を読む気がなくなってしまうことがあります。

履歴書を作成する際には、鉛筆で下書きをするなどして完成した履歴書をイメージしながら作成するようにしてください。

一度履歴書の下書きを作成するだけで誤字脱字を防ぐことが出来ますし、完成後に読みやすいか読みにくいか判断することが出来ます。

いきなり履歴書を書いてしまうと、誤字脱字に気が付かないことが多いです。

2位:自由記載欄に空白が多い。

自由記載欄(自己PR・志望動機・趣味欄)などに空白を作るのは避けるようにして下さい。

面接時に面接官が性格を見抜く質問をしようと考えたとき、趣味欄などは記載してあるとありがたいです。

特に面接が苦手だな、と思っている方ほど履歴書の自由記載欄に趣味や特技を書いておくようにして下さい。

会話に行き詰ったとき(面接官が面接下手なときもありますが)、助け舟になることがあります。

3位:社名を省略している

普通ならば○○株式会社と書くところを○○㈱のようにカッコカブで略すのは止めるようにして下さい。

常識の範疇なのですが、会社をカッコカブで省略するのはビジネスマナーとして失礼に値します。

職歴が多すぎる人が記載欄に困ってこのカッコカブを連発する傾向にあります。

職歴が多すぎる場合には先述したように別紙を活用して、丁寧に株式会社と記載するようにしてください。

番外編:賞罰歴を書いてくる。

賞罰歴があっても書かない方が無難です。

現在は個人情報保護法の関係もあり、懲戒解雇などをされていたとしても電話確認をしたりすることはありません。

そのため賞罰歴に関しては自分の口から言わない限りはバレることはないと思って問題ありません。

正直なのは素晴らしいことなのですが、解雇歴等がある場合には隠した方が無難です。

後で他の期間工からの告げ口で過去の賞罰歴が発覚することがありますが、一度雇用されれば契約期間内は絶対に解雇することが出来ません。

賞罰がある場合には、隠せば採用されることはされます。

入社後に普通に問題を起こさず勤務していれば不利になるような情報が流れてくることもありませんので、出来るだけ契約期間中は平穏に誠実に仕事してください。

履歴書はパソコン・手書きのどちらでもOK!

指定がない限り、期間工の履歴書は手書きでもパソコンでもどちらでも基本的に問題ありません。

会社によっては就業規則によって「手書きの履歴書」の提出を求める場合もありますが、指定がない場合は手書きでもパソコンでも問題ありません。

就業規則で「手書きの履歴書の提出を義務付けている」会社の場合には、面接までに電話で面接官が手書きの履歴書でないと採用できないと伝えてくれます。

もしも手書きかパソコンかで迷っている場合には面接を受ける予定の会社の人事担当者に電話して手書きでないとダメかどうかを確認するようにして下さい。

履歴書のフォーマットやサイズは書きやすいものを選べばOK!おすすめも紹介!

履歴書

履歴書のフォーマットやサイズは一番書きやすいものを選べばOKです。

コンビニで販売しているもので問題ありません。

記載欄の出来るだけ多いものを選ぶという風にしておけば職歴が多い等の不利を跳ね返せる可能性もあります。

転職回数が多すぎる、年齢が高すぎるというような不利な条件がある場合には出来るだけPR出来るような書式の履歴書の方が良いです。

おススメはコクヨ 履歴書用紙 手引書付 A4 2個セット シン-35JX2というものです。

理由として一番スタンダードで安価なためおススメします。

参考:コクヨ 履歴書用紙 A4

コラム:字が汚すぎると落ちる?採用担当者の本音

字が汚いという理由だけで書類選考で落とすということはあり得ません。

しかし、字が読めないレベルでの字の汚さの場合にはパソコンで印刷したものを使用するなど対策をするようにして下さい。

字の綺麗だから仕事が出来るというものではないということは人事もよく理解しています。

字は綺麗でなくても良いので、出来るだけ丁寧に書いてあげてください。

パソコン限定!写真は運転免許書をスマホで読み取って貼り付ける

どうしても履歴書に使う写真代金がもったいないなと感じる場合には、運転免許書の写真をスマホで読み取って貼り付けるという手段があります。

面接官によっては写真をきちんと撮影してきていないとなんとなく不誠実だと感じる人もいるかも知れませんが、期間工の場合はそれでも合格する可能性はあります。

私服の写真は落ちる?

履歴書に私服の写真を使用することは避けるようにしましょう。

それだけで落とすということはあり得ませんが、印象が悪くなる可能性があります。

出来ればスーツを着用してビシっと決まった格好の写真の方が好ましいです。

職歴にアルバイトの記載は不要。職歴の詐称は「雇用保険加入歴からバレる」

職歴にアルバイトの記載をする必要はありません。

理由としてはアルバイトの期間の仕事内容では職務適正を測ることは難しいためです。

但し、週に20時間以上アルバイトに入っていた場合には雇用保険の加入歴があるので入社後に手続きをしている最中に「職歴詐称していた」と言われかねません。

雇用保険加入歴がある場合には、アルバイトでも記載するようにして下さい。

バレる理由としては、雇用保険の加入手続きを行う際には、前職の雇用保険被保険者証の提出が必要となってきます。

アルバイトでも20時間以上勤務していた場合には雇用保険の加入履歴が残るので、履歴書に記載することを忘れないようにして下さい。

退職理由は不要。面接時に答える

過去の職歴に関しては「一身上の都合により退職」とだけ記載するようにして下さい。

特に短い期間で退職を繰り返している場合、余計なことを記載しないようにして下さい。

面接時に質問して貰えるように余白を作っておきます。

理由としては書類に長々と退職理由を書いてしまうと書類選考で落ちる原因になってしまいます。

「退職した理由は何だろう?面接で聞いてみるしかないか」と人事に思わせられるように誘導するようにしましょう。

コラム:前の職場を満了していないと落ちやすい?回避策は?

期間工の方で前回の職場を満了退職していないと落ちやすいと言われていますが、辞め方にもよります。

普通の辞め方をしていた場合には、満了以外の退職でも特に問題ありません。

トラブルを起こして退職したという場合以外には特に気にしなくても問題ありません。

もう一度受けても合格する可能性は高いので、気にせず受けるようにしてみてください。

それほどトラブルを起こして辞めていないのであれば退職した段階で履歴書は溶解処理されているので、もしかすると在籍していた記録さえ残っていない可能性もあります。

トラブルを起こして退職した場合は、履歴書が溶解処理されていたとしても何らかの記録を人事が備え付けている可能性が高いので再度面接選考を受けたところで採用されない可能性があります。

何を書く?「本人希望欄」に書くべき内容は「御社の規定に従います」

履歴書の記載欄については、希望条件を書けばよいのですが、特に希望をしないのであれば「就業条件その他については御社の規定に従います」とだけ記載しておいて頂いて問題ありません。

本人希望欄については特別な事情がある場合には記入すれば良いです。

特別な事情としては「勤務地」にこだわりがある場合には、事情を添えて書くようにして下さい。

例えば、親の介護等があるので夜勤等は可能であるが出来るだけ連絡が近くにいたいので期間工として「○○工場」で空いている工程に出来れば配属して欲しいという風に伝えるようにして下さい。

ただ単に家に近いから「○○工場」で働きたいというのも理由としては悪くありませんが、出来ればどうしようもない事情で勤務地を限定したいという風に伝えた方が面接官としても採用しやすいです。

落ちない志望動機はコレだ!合格する志望動機の例文4個

落ちない志望動機は「これなら短期間でお金が必要になるよね」と面接官が安心感を持って採用してくれるものが良い志望動機となります。

逆にダメな志望動機のパターンとして「借金返済のため」のように会社にトラブルを持ち込みそうな人物だと判断されかねないものです。

志望動機の例文1

「期間工として働こうと考えたのは、3年後に自分の店を開業したいと考えているためです。期間満了まで勤めてお金を稼ぎ、自分のお店の開業資金に充てたいと考えています。残業等を積極的に行い、貯金をしたいと考えています。」

ポイント解説

お金が必要な理由が明確なため、雇う側としては採用しやすいです。

期間工はわずか3年足らずの期間で大金を貯金出来るため、なぜ期間工の仕事をしたいのか、なぜお金が欲しいのかを説明する必要があります。

起業の為にお金が必要ということであれば正社員での仕事を選ばない理由もよく分かりますし、お金が必要という理由もよく分かります。

志望動機の例文2

「前職でも期間工をしており、短期間で次の職場でまた働くというスタイルが自分には向いていると感じたためです。前職では期間満了まで勤めることも出来ていたので、非常に仕事環境自体が自分自身に合っているなと思いました。」

「前職でも契約社員として肉体労働を短期契約で行っていたので、期間工の方が稼げると思い志望いたしました。短期間で色んな職場で仕事をしていく方が私にとっては合っているなと感じているため、期間工として仕事をしたいと考えています。」

ポイント解説

前職でも期間工や短期間雇用の契約社員などをしている場合には、短期間で仕事を転々とするような仕事スタイルが向いていると伝えるようにして下さい。

特に何度も転職を繰り返している場合には有効な志望動機となります。

理由として、期間工は名前の通り契約期間が定められた期間の定めのある雇用となっており、2年11カ月で仕事を辞めることが前提となっています。

年齢が30代前半くらいで、正社員として仕事をしてきたわけではなく契約社員での仕事が多かった期間工志望者の場合には、短期離職の職歴の理由説明として志望動機に短期で何度も転職を繰り返してきた理由の説明を行うようにして下さい。

志望動機の例文3

「体を動かす仕事をする方が自分には向いていると思いました。小学生から野球をしていたのですが、体力には自信があるため、期間工のように体を動かす仕事でお給料が良いというのは非常に魅力的な仕事だと感じました。また車も好きで、普段からよく運転しています。」

ポイント解説

期間工の仕事は体力勝負の側面が非常に強いです。

体力があるということは良いアピールになります。

体力に自信がありそれを活かすことで期間工として活躍したいと伝えると共に運転などが趣味で車に興味があると伝えることも非常に良い志望動機です。

志望動機の例文4

「これまでの生活を変化させるために寮暮らしをすることで自立してみたいと考えるようになりました。福利厚生として寮などを貸して頂けるような待遇の良い契約社員は期間工しかないと考えて期間工を志望しました。」

ポイント解説

若い期間工志望者におすすめの転職理由は「自立のために地元を離れて期間工として働いてみたい」という理由です。

若者がいざ一人暮らしをしようとしてもお金もないし、仕事もないしということで一人暮らしに踏み切れないことを昨今の人事担当者は給与相場などよく勉強しているので理解しています。

年齢が若いのであれば、一人暮らしをして自立をするために期間工として働いてみたいという理由を強くおススメいたします。

少しでも合格しやすい志望動機を書きたい人は、こちらの記事で合格しやすい志望動機や事例集をご覧ください。

【使える例文あり】期間工の志望動機の合格王道パターンと不合格パターンを徹底紹介

「合格になる志望動機を教えて!」 期間工の採用担当をしている筆者には、このような質問が毎日のようにきます。 たしかに年間数百人以上の書類選考・面接をしていると合格のパターンが見えてきます。 そのパター ...

自己PR・特技は合否に影響?どう書くかアドバイス

自己PRと特技として有効なのはスポーツの経験です。

自動車会社は創業何十年という歴史の古い会社が多く、大企業のため体育会系です。

スポーツ経験があれば自動車会社のような体育会系の仕事場にもすぐ馴染めるだろうという判断をされます。

特に製造の仕事はチームプレイの側面もあります。

周囲と協調しつつ、体力を活かして仕事が出来る人物であると伝えると好印象です。

郵送でなければ封筒は不要!クリアファイルに挟んで持ち運べばOK

郵送でなければ封筒は必要ありません。

履歴書は面接会場ですぐに手渡しできるようにクリアファイルに挟んで持ち運ぶようにしましょう。

クリアファイルに挟んでおけば鞄の中で折れ曲がったりしないですし、面接会場で提出をお願いされてもすぐに面接官に履歴書を渡すことが可能です。

学歴は中学の卒業から書けば無難

学歴欄については中学卒業から書いておけば無難です。

期間工に関しては面接選考の段階で学歴で落とされるということはまずありませんので、最終学歴が高校卒業の方の場合は中学卒業から書いておけば問題ありません。

大卒の方の場合も、考えるのが面倒な場合には中学卒業から書くようにして下さい。

まとめ

期間工の履歴書で大切なのは読み手に気遣いを感じさせることです。

西暦・和暦は混ざったりしないようにして、読み手がしっかりと文章を読んでくれるようにしましょう。

また志望動機としては大切なのはなぜ正社員雇用を望まないのか、短期間でお金が必要なのかを明確にすることです。

面接官は出来るだけ良い人材を採用したいと考えていますが、同時にもしも過去に問題を起こした人物を採用してしまったらどうしようという大きな不安も抱えています。

アルバイトは職歴に記載しなくても特に問題ありませんが、雇用保険加入歴がある場合には記載するようにしましょう。

経歴詐称を疑われてしまいます。

経歴詐称については、病歴など、再発しない自信があれば特に問題ありませんがもしも再発すると信用を失ってしまいます。

自分自身の体調とよく相談して応募するかどうかを考えましょう。

ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工日記へ

-期間工とは

Copyright© 進撃の期間工 , 2018 All Rights Reserved.