期間工とは

期間工の派遣会社によってお祝い金が違う!絶対に損しないための会社の選び方

更新日:

期間工は派遣会社から紹介してもらい採用されると、お祝い金をもらうことができます。

派遣会社によっては、面接(選考会)に参加するだけで選考会参加費7万円を支給するところも!

要するに選ぶ派遣会社次第で、稼げるお金が変わってくるのです。

しかし派遣会社によって異なるというのが条件

派遣会社によっては、お祝い金もなければ選考会参加費もありません。

「お金をくれる派遣会社はどこなのか?」

「たくさんの求人を扱っている派遣会社はどこなのか?」

「悪徳じゃない信頼できる派遣会社はどこなのか?」

そんな疑問を解決していくのが、この記事の役割です。

期間工は派遣会社を経由すると、どんなメリットがあるかをしっかり理解し、理想の働き方を手に入れましょう。

自分の条件に合う期間工は代理で探してもらうのが基本です!

期間工.jpでは1分程度でできる無料登録をすれば「稼げる期間工」「祝い金45万円贈呈の期間工」「体力に不安がある人向けの期間工」を紹介してくれます!
※「期間工.jp」は東証一部上場の株式会社アウトソーシングが運営

期間工 公式サイト⇒https://kikankou.jp/


期間工の派遣会社経由はメリットのみ!5個の理由

派遣経由での主なメリットは以下の通りです。 

  • 祝い金を2度貰える 
  • こちらに都合のいい求人を紹介してもらえる 
  • 選考参加費が支給される 
  • 強力なバックアップに期待できる 
  • 常に仕事がある 

この他にも、派遣会社は複数の期間工を募集しています。

企業毎の待遇などをじっくりと比較しつつ、自身に合った職場を見つけることができるのも魅力。 

次項では上記5つのメリットについてより詳しくお話していきます。 

メリット1:入社祝い金をダブルゲットできる!(メーカーと派遣会社の両方からもらえる)

派遣経由の最大の魅力が祝い金を2度もらえるということにあります。

入社祝い金とは企業に採用されれば、その時点で支給される手当のことです。 

企業毎で異なりますが数万~数十万円と高額なものもあります。 

しかし派遣を経由して応募すれば、高額な祝い金を派遣会社からも支給され、大幅に増額することができるわけです。 

例に挙げると、期間工最大手のトヨタでは過去に企業、派遣会社双方の祝い金を合わせて最大で70万円(※募集時期、特に期間限定入社特典の場合)という高額な祝い金が支給されたこともあります。

システムとしては、企業が派遣会社に依頼し期間工を募集します。 

企業は常に人手を欲していますが効率よくたくさんの人員を確保するための能力に欠けます。 

そこで求人のスペシャリストである派遣に頼るわけです。 

派遣は企業に人材を紹介し1人採用される毎に紹介料を受け取れます。 

こうしたビジネス形態のため企業、派遣共に旨みが強いので祝い金が高額となっているわけです。 

派遣を利用するかしないかだけで、数十万円の差が出ます。

これから期間工に応募しようと考えている方は、絶対に派遣を利用するようにしましょう。 

ちなみにこうした祝い金ですが注意として、募集時期や企業の生産状況などで常に金額は変動しています。 

繁忙期などでは祝い金が大幅にアップする傾向にありますので、そうした時期が近づいてきたら各企業の求人をこまめにチェックするようにしましょう。

(※決算前の年明け1~3月、ボーナス時期の7、12月などがほぼ全てのメーカーで繁忙期) 

メリット2:限定キャンペーン・寮費無料・未経験歓迎などおすすめの求人を紹介してもらえる

派遣は定められた期日までに入社すれば、祝い金がアップするなどの限定キャンペーンや期間工が利用することになる寮が無料。

さらに未経験者歓迎などのメリットが盛りだくさん。 

特に期間工では遠方に出向いての仕事となる場合が多いのですが、こうした際に気になるのは住居問題です。 

自身で探すとなれば手続きやら家賃など色々めんどうですが、派遣を利用すれば寮有りの企業の求人を紹介してもらうことも可能です。 

また、仕事によっては派遣会社が独自で寮を用意している場合もありそちらを利用できるケースもあります。 

寮費や光熱費などが無料の求人も多く、働く側として非常においしい条件の求人を紹介してもらえるのが魅力です。 

その他、未経験やスキル知識の一切を必要としない求人、○○までに就業すればボーナス支給といったキャンペーン有求人も。

本当に旨みのある仕事がたくさんあるのも嬉しいです。 

メリット3:選考参加費が支給される

選考会参加費用とは、企業の面接である選考会に参加しただけで数万円が支給されという手当てのことです。 

採用はもちろん不採用でも支給されるのは嬉しいです。 

しかし例外はあり、採用を辞退した場合(自身の意思ではなくやむをえない場合の辞退は除く)は支給されません。 

先にお話したように派遣は企業に人員を紹介する毎に報酬を得ることができます。 

そのため、より多く人を集めるためにこうした参加費を用意するわけです。 

こちらとしてはただ面接を受けるだけで受け取れるころができるので嬉しい手当てですね。 

また、こうした面接会場までの寮費や宿泊費なども派遣会社が用意してくれることもあるので、面談時に確認しておきましょう。 

メリット4:内定が出やすくなるようによく聞かれる面接質問の共有や模擬面接を受けられる

派遣経由の強みは事前に面接の対策ができるという点であり飛躍的に採用率をアップすることができます。 

派遣会社は各企業に精通しており期間工に対しての知識が豊富です。 

履歴書の書き方から面接の立ち回りなど、企業毎の傾向を熟知しており対策が練られているので強力なバックアップが期待できます。 

特に期間工未経験者にとってはとても助かります。 

正直期間工の採用率はかなり高いのですが募集時期や生産状態では不採用とされる場合もあります。 

そのため採用率を底上げしておくためにも派遣を必ず利用しサポートを受け、万全な状態で企業の面接に備えましょう。 

メリット5:仕事が途切れないようにアフターフォローが受けられる

まじめに仕事をこなしていれば仕事が途切れることなく続けることができます。

派遣は企業、職種について豊富な知識を備えたスタッフが揃っているので、事前に要望や質問などがあればしっかりと聞いて応えてくれます。 

就業後も働き方や対人関係など、仕事についての悩み事などついてもアドバイスをくれたりと支えてくれるので非常に働きやすいです。 

万一解雇となってしまってもたくさん抱えている業種の中から、こちらに合った仕事をすぐさま紹介してくれたりとバックアップは万全です。 

とはいえ、こちらの落ち度で解雇となった場合は紹介する派遣会社の評判を下げることになってしまい、そうした場合には派遣側からも紹介を渋られる可能性が高くなります。 

そのため、紹介された仕事はまじめにこなすように心がけましょう。 

コラム:期間工の派遣会社は「求人紹介会社のこと」

通常「派遣会社」といえば派遣会社が雇用する社員を企業に派遣するイメージとなります。

しかし期間工では全然違った意味合いとなります。

期間工における派遣会社とは、企業に人を紹介する職業紹介会社となります。

期間工の派遣会社は企業の代わりに求人し、求職者を企業に紹介しているだけですので採用となれば雇用形態は企業の直接雇用となります

つまりトヨタの期間工に応募すればトヨタが直接雇用する契約社員となります。

一般的な派遣とは意味合いが違ってきますのでお気をつけください。

ところでこれだけメリットが多い派遣会社ですが「デメリットもあるんでしょ?」と気になる方が多いかと思います。

こちらについて解説していきます。

派遣会社経由のデメリットは「ない」

期間工で働くなら、派遣経由以外はありえないと言い切っていいほどメリットづくしの派遣です。

唯一デメリットを挙げるとすれば、面談が余分に増えるということです。 

企業の面接の前に派遣会社の面談を挟まなければならないのは面倒に感じます。 

しかし言い換えればその面談の際にこれから働こうと考えている企業について相談に乗ってくれます。

より自身にとって条件のいい企業を紹介してくれたりといったプラスになる面もあります。

このように期間工においては派遣会社経由の方が明らかにメリットが多いため、利用するのが一般的となっています。

派遣会社のおすすめ比較ランキングBest3

派遣会社は大小と規模は違えど様々な会社が存在します。 

会社毎に待遇が違うのでどこを選んでいいのか迷ってしまいます。 

期間工に応募する際の派遣会社に求めるポイントとしては以下のとおりです。 

  • 入社祝い金が高い 
  • 扱う期間工メーカーの数 
  • 評判と実績 

上記3点で満足できる内容の派遣を選びたいところです。 

次項ではそうした点を踏まえ、おすすめの派遣会社をご紹介していきたいと思います。 

おすすめNo1:期間工.jp(株式会社アウトソーシング)

アウトソーシング社が運営する期間工.jpは期間工を扱う全派遣会社の中でも最大手。

日本国内にだけでなく海外にもグループ会社を持つ超大手企業です。 

求人数は業界トップクラスであり、利用者や期間工採用者数も他の派遣会社と比べ群を抜いています。 

あらゆる企業に精通しており期間工に関する知識も豊富です。 

面接から就業後の働き方や振舞い方に至るまでの期間工としてのあれこれ1~100まで丁寧に教えてくれます。

実に大きなアドバンテージを得た状態で、仕事をスタートすることができます。 

入社祝い金の額も業界トップクラスとなっています。 

期間工での仕事を考えているのであれば期間工.jpは絶対に外せません。

おすすめNo2:Man to Man(Man to Manホールディングス株式会社)

Man to Manはアウトソーシングと並ぶ業界超大手の派遣会社です。 

数十社の企業の期間工を募集しており、アウトソーシングでは応募できない企業の求人も複数あります。 

特に注目なのは三菱の求人で、こちらは派遣を利用する際の面談や三菱の面接の一切を必要としません。

履歴書を Man to Manに送るだけで選考され、最短では1週間程度で仕事が始まります。 

合格率も非常に高いものとなっており、50代でも採用されることは珍しくありません。 

三菱は給料、満了金共に高額でもあるので、すぐにでもお金が欲しいという方にはお勧めです。 

知識豊富なスタッフによるサポートも万全なので期間工未経験者でも安心して任せることができます。 

また、派遣利用の際は面談が必要であり基本は派遣会社などまで出向くことになりますが、Man to Manはスタッフが出張でこちらまで来てくれます。 

他にも、企業の面接の際の交通費や宿泊費も支給されるので余分な出費の一切を必要とせずに仕事を探すことができるのは嬉しいですね。

おすすめNo3:綜合キャリアオプション(株式会社綜合キャリアオプション)

最後は派遣大手となる総合キャリアオプションです。 

求人数がかなり多くスタッフも親切丁寧に対応してくれるので希望の仕事が見つけやすいです。 

期間工の求人も多く充実しています。 

しかし期間工に特化したアウトソーシングと Man to Manに比べるとやや待遇で劣るのは否めません。 

事務系の求人が豊富なのでそちらの仕事に興味がある方はお勧めです。  

迷った方は1位と2位の両方登録し、魅力的な提案があったほ企業に応募しましょう。

次では派遣会社を経由してから実際に働くまでの流れについて紹介していきます。

派遣会社を経由して働くまでの流れ

派遣経由での応募から就業までの流れについてお話していきます。 

主な流れとしては以下の手順となります。 

  • 派遣への応募 
  • 派遣会社との面談 
  • メーカー企業の面接 
  • 内定 
  • 赴任 
  • 就業 

これらについて詳しくご紹介します。 

STEP1:派遣会社への応募

派遣会社への応募には2通りあり、ネットの応募フォームから申し込む方法と電話で直接申し込む方法です。 

応募フォームのほうが楽ですが応募の際の不安な点について、質問したいことがある場合は直でやりとりできる電話での応募がお勧めです。 

とはいえ、応募フォームにも備考欄がありそこで質問などを受け付けていますのでそちらに記入してもいいでしょう。 

※この段階で期間工として希望する企業の祝い金の額などを聞いておくといいでしょう。 

祝い金は時期や就業先の企業の業績で常に変動しています

損をしないためにはこまめなチェックが必要です。 

STEP2:派遣会社との面談(希望条件・職歴・適性チェック)

応募完了後は早くて翌日、遅くても2~3日以内には派遣会社から連絡が来ます。 

この際に一次選考の日程が伝えられるので指示に従います。 

一次選考での主な流れは以下のとおりです。 

  • 履歴書の提出 
  • 職歴の確認
  • 希望する企業についての説明、質疑応答 

ちなみに一次選考とはいいますが単なる面談なので落とされることはありません。 

よほどの悪態でもつかない限りは問題ありませんので気楽に臨みましょう。 

一次選考では希望する企業についての説明や採用となるためのアドバイスがメインとなり、面接への対応についてなど色々学ことができます。 

質問も受け付けており、この時に希望する企業の就業時間(残業、休日出勤の有無など)や祝い金、満了金やその他の手当てなどの詳細も聞いておくといいでしょう。 

1時間~長くても2時間程度で一次選考は終わりとなります。 

STEP3:メーカー企業の面接・適性チェック

一次選考が終わればすぐさま企業の面接となります。  

企業や派遣の一次選考での流れにもよりますが応募から1週間~2週間程度で面接となるのでいつでも対応できるよう極力予定は入れずに時間を空けておきましょう。 

選考会は簡単な筆記試験と面接がメインとなり、その他に簡単な身体チェックがあります。 

筆記試験は企業毎で違いはありますがどれも単純なものです。 

面接は過去の職歴についての質問や体調などについては細かく聞いてきます。 

その他にも幾つか質問されますが、正直いって期間工の面接は一般の企業の面接と比べ緩いものとなっているのでそこまで固くなる必要はありません。 

身体チェックは体の可動域をチェックする程度のものなのでこちらもリラックスして臨みましょう。 

早い話、企業はこちらにやる気があるのか、健康体であるかの2つが確認できれば満足なのでその2点についてしっかりとアピールするように心がけましょう。 

STEP4:内定

選考会後は早くて翌日(稀に選考会即時)~1週間以内には書面にて連絡が来ます

それ以降で連絡がない場合は連絡して確認するようにしましょう。 

内定が決まればすぐさま赴任できるよう準備を整えておきましょう。   

STEP5:赴任

内定後は送られる書面の指示に従い赴任となります。 

内定が決まった時点で受け入れ態勢が整っていることが多いのですぐさま行動できるように心がけておくといいでしょう。 

こちらも企業によって差はありますが応募から1週間~2週間程度となっています。 

ちなみに赴任の際寮に入ることになりますが、家具家電は備えつきなのですぐさま生活を始めることはできます。 

しかしその他の生活用品(歯ブラシ、ボディソープ、タオルなど)は自身で用意する必要があります。 

また寮自体も個室か相部屋か、家賃光熱費の有無などで企業、または就業先の工場毎で違いがありますので事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。 

STEP6:就業

赴任後から1週間程度は研修期間となります。 

この間に企業の説明や事務手続き、簡単な作業訓練などを経て就業となります。 

ここまで早くて応募後から1週間~2週間となります。 

おすすめの期間工メーカー

ここまで派遣に関するお話をしてきましたが期間工についても少し触れていきたいと思います。 

まず第一に、期間工はとにかく稼げる仕事です。 

専門的な知識やスキル、経験、職歴、学歴などを一切必要としないところも魅力です。 

とはいえ、「少しでも長く働きたい」 「体力に自身がないから力仕事以外がいい」 「祝い金が多いところがいい」 「女性でも働ける期間工がいい」など人によってニーズは様々です。 

そこでここではそうした点を踏まえ、どの企業の期間工がお勧めなのかをご紹介していきたいと思います。 

圧倒的に初心者に人気は「トヨタ自動車」

トヨタといえば日本国内だけでなく世界に誇る超一流企業です。 

そのトヨタの期間工では待遇も業界トップクラスとなっています。 

主なものとしては以下のようなものがあります。 

  • 入社祝い金がとにかく高い 
  • 満了金、報奨金も業界トップクラス 
  • 家賃、光熱費が完全無料の寮に住める 

などといった働き手にとって魅力的な待遇がたくさんあります。 

こうした稼げる手当ての充実、無料の寮のおかげでどんどんお金は溜まっていきます。 

特に祝い金と満了金に関してはそれ目当てでトヨタ期間工を選ぶ人が大多数です。 

次は、こうした待遇について詳しく説明していこうと思います。 

祝い金がとにかく高額 

期間工には入社祝い金という手当てがあります。 

この祝い金は入社しただけで支給されるという非常に魅力的なボーナスのようなものです。 

金額は企業毎で違いはありますが数万~40万円前後となっています。 

しかしトヨタ自動車九州ではこの祝い金の額が業界でも群を抜いており過去には最大で70万円(初回~10回目までの給料に5万円プラス。更に7回目の給料に20万円プラス。※期間限定キャンペーンのため現在は終了)という求人もありました。 

世界レベルの企業ともなればこうした一時金の額も他企業と比べ抜き出ています。 

とはいえ、募集時期やトヨタの生産状態などで祝い金の額は変動します。 

しかしそれでも年を通してかなり高い金額となっているので短い期間でとにかくお金を稼ぎたいという方にはお勧めです。 

満了金、報奨金が高い 

期間工の最大の特徴として満了金、報奨金があります。 

満了金は退職金のようなものであり、報奨金はボーナスといったところです。 

トヨタではこうした満了金と報奨金が非常に高く、最長期間満了時の満了金と報奨金の合計額は300万円以上となっています。 

正社員でもないのにこれだけのボーナスを勤務しているだけで給料とは別に手にできるのですから美味しすぎます。 

企業によっては満了金がトヨタの半額ほどだったり、そもそも満了金自体が存在しないといったケースも。

そう考えると、いかにトヨタの待遇が突出しているかがうかがえます。

家賃、光熱費が無料 

トヨタにも寮が存在し、家賃や光熱費の一切が無料で利用できます。 

家具家電も備えついているのですぐさま生活をスタートできます。 

生活費の中で最も高い出費となる家賃を丸々カットできるのは大きく、収入の大半を自由にできるという大きなメリットがあります。 

ただしデメリットもあり、完全個室ではないことが多くプライベートの確保が若干難しくなっています。 

個人スペースこそあるものの一つの大きな部屋に壁とドアの仕切りをつけた簡易的なものであるため生活音が丸聞こえなのが気になります。 

玄関、洗面台などは共有スペースとなります。 

相部屋が苦手という方には多少苦しい環境といえるかもしれません

トヨタは工場が多いため必然的に寮も多くなります。 

中には完全個室寮も存在するのですが割り当てられる率は低く、社員優先とされることが多いので寮については過度な期待はしないほうがいいでしょう。 

他にも日給が高く、未経験者でも1年目から450万円前後の年収も可能となっています。 

ただ、トヨタ期間工には他企業と比べ特徴的なデメリットが存在します。 

期間工はライン作業での組み立てが基本となるのですがそのラインの速度が他と比べ若干速くなっています。 

そのため、期間工や工場勤務未経験者であった場合は仕事に慣れるまでの2週間~1ヶ月程度は苦戦するかもしれません。 

とはいえ仕事自体は単純作業であり、積み木遊び程度の組み立てやペットボトルのふたを締める程度のネジ締め作業さえできれば十分務まります。 

むしろトヨタのライン作業を経験していればどこの企業の期間工でも楽にこなす事ができると考えればメリットといっていいかもしれません。

肉体労働に不安があるなら「アイシンAW」

期間工=肉体重労働というイメージを持っている方は多いかと思います。 

実際ほとんどが完成車メーカーであり肉体労働が基本です。 

しかしそうした肉体労働の一切のない期間工も存在します。 

アイシンAWなどがそうであり、トランスミッションなどの車の部品やカーナビの組み立てをメインとしています。

結果、完成車メーカーと比べ体への負担はほとんどありません。 

アイシンの特徴としては以下のとおりです。 

  • 仕事が楽 
  • 肉体労働がないから女性、年配の方でも誰でも気軽に働ける 

上記の点を踏まえ詳しくお話していきたいと思います。

仕事が楽 

アイシンAWのメインであるミッション部品製造はとても楽です。 

ミッションとはギア変速機のことであり、その部品はとても軽いです。 

完成車メーカーの期間工のメインである組み立ては箇所によっては、数キロと重量のある自動車のパーツを運んでは取り付けての繰り返し。

それに対しアイシンAWでは、片手で軽々と持ち運びできる部品を扱っての作業となります。 

そのため作業で筋力や体力を必要としないので完成車メーカーとは比較にならないほど楽な仕事といえます。 

アイシンAWは残業が多い企業です。 

しかし先にお話したように体の負担の少ない仕事なので楽して稼げるので好都合です。 

女性や50代などの年配者にも人気 

軽作業がメインのアイシンAWは女性や年配者に人気の企業となっています。 

「期間工に興味があって稼ぎたいけども体力や筋力がないから無理」と諦めていた方にとってそれらの一切を必要としません。

そして高収入が得られるのですから魅力的です。 

この他、アイシンAWにも寮が用意されており利用できますが寮によっては相部屋や寮費が月に1万円前後取られるケースもありますので事前に確認しておきましょう。 

軽作業で稼ぐ!女性に人気!「デンソー」

最後は女性に大人気のデンソーです。 

元はトヨタ自動車の開発部でしたが独立しデンソーとなりました。 

トヨタ他グループに属し、自動車や関連製品の部品製造メーカーとして世界有数の一流企業です。

デンソーの特徴は以下になります。 

  • 作用が楽、女性から圧倒的な支持を得る 
  • 満了金、報奨金が高額 
  • 作業員の定着率9割以上

他にも幾つかありますが上記3つが突出している印象です。 

それでは詳しく説明していきます。 

仕事が楽。女性に大人気 

デンソーでの仕事は自動車やカーナビなどの関連製品に使用される部品の製造、運搬がメインとなっています。 

扱う製品の数は膨大で生産数も多いため必然的に残業も多くなり安定して高収入を期待できます。 

扱う部品は手のひらサイズの軽い物がほとんどであり、最も重量があるものでも数キロ程度です。 

肉体的な労力を必要としない仕事なので女性に特に人気があり、デンソーで働く作業員の3割ほどが女性となっています。 

デンソー自体も女性作業員の獲得に力を入れているので働きたい女性の方には特にお勧めの企業です。 

また、軽作業のためか年配の方の活躍も多く見られるのが特徴です。 

満了金、報奨金が高額 

トヨタ同様にデンソーの満了金、報奨金は最高300万円と業界トップクラスとなっています。

日給も1万円ほどと期間工の中でも高めなので年収では450万円前後、中にはそれ以上を稼ぐ方もいるようです。 

期間工としては少数となる入社祝い金のない企業なので、ごく短期間でまとまったお金を稼ごうとしている方には不向きです。 

しかし長期で働くのであれば祝い金の分を補って余りあるほどの収入となるのが魅力です。 

定着率が9割 

通常、肉体労働が主な期間工はその辛さから人の出入りが激しいです。 

しかしデンソーでは軽作業ゆえの働き易さから作業員の定着率が9割前後と非常に高いです。 

最長期間満了後も再入社を繰り返す人が多く、この点からもデンソーの人気の高さが窺えます。 

その他、臨む条件によっておすすめする期間工は変わってきます。

詳しくもっと知りたい人は、「期間工のおすすめランキング!元人事が厳選した2019年に稼げる期間工求人!」もチェックしましょう。

自分に要望に合う期間工を提案してほしいなら「期間工.jp」に相談

最後に、既にお話しましたが期間工を扱う派遣最大手の期間工.jpについてもう一度お話したいと思います。 

期間工に特化しており求人はどれも超一流の企業ばかりです。 

そのため収入面ではもちろんのこと、福利厚生も大きく期待できる企業ばかりとなっています。 

期間工求人数は30社以上と業界トップであり、それに伴いそれぞれの企業に精通した知識豊富な一流のスタッフが揃っており万全なサポートが期待できます。 

また、求人の気になる点も明確に把握することができるのも強みです。 

勤務地、勤務時間、満了金や各種手当て、仕事内容、交通手段、契約期間、赴任帰任時の旅費の有無、寮費光熱費の有無、福利厚生あらゆる面での詳細があります。

これを企業を通さずに期間工.jpのスタッフに聞くことができるので、自身の希望に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。 

重要な情報や知識を初心者でもわかりやすく教えてくれるので求職の際大きく役立ちます。 

期間工を志している方は是非期間工.jpの利用を強くお勧めします。

悩んだらプロに相談でOK!

この期間工に申し込むべきか・・・。この期間工は自分でも大丈夫か不安になりますよね?

そんな時はプロのアドバイザーにベストな期間工を教えてもらうといいですよ!

「ご希望の年収はありますか?」
「不安なことはありますか?」
「希望の働き方はありますか?」

など期間工の大手求人サイト「期間工.jp」だと、適正な期間工はどこか診断してくれたり、面接のアドバイスまでしてくれるので心強いです!

さらに入社できたらお祝い金もくれるので、利用すると本当にお得なことしかありません。

期間工 公式サイト⇒ベストな期間工の診断をする


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のお話で期間工における派遣会社の利用の有用性がわかっていただけたのではないかと思います。

せっかく期間工で働くのであれば少しでも収入は多くしたいですし、その他の待遇でもより条件のいい企業を選びたいところです。 

自身に合った最適の企業を紹介してくれて、同時に期間工に対するノウハウを学べるのは助かりますし就業後もサポートを続けてくれるので本当に心強いです。

しかもこれだけの待遇で無償なのですから利用しない手はありません

充実した期間工ライフを送るためにも応募は絶対に派遣経由にしましょう。

期間工おすすめ5選


【ベスト3】当サイトおすすめの稼げる期間工求人

トヨタの高待遇求人

  • 高収入で年収600万円も可能!短期で稼げる!
  • 募集人数が多く採用されやすい
  • 充実の福利厚生で未経験者におすすめ!

マツダの高待遇求人

  • 完成車メーカーの中でも雰囲気がよくきつくないと評判!
  • 一時金が半年で200万円以上!年収400万円も可能!
  • 食事手当1.5万円!半年で貯金100万円も可能!

スバルの高待遇求人

  • 稼ぎたい人注目!満了金・慰労金が最大122万円!
  • 貯金が貯まる!寮費・光熱費が無料!個室・家具家電付き、食事補助付き
  • 正社員登用が多く900名以上の実績あり!

ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 期間工日記へ

-期間工とは

Copyright© 進撃の期間工 , 2019 All Rights Reserved.